2015/09/30

山では妖怪よりもクマに遭う方が恐ろしい。


山で迷子になりました。


 
以前にこちらの記事の中で、私の家では昔からお稲荷様をお祀りしていることはお伝えしました。



普段は自宅の神棚のお稲荷様にお供えをしていますが、一年に一度だけ春になると山の中にある祠にお供えをします。魚やお餅や果物などをお供えして、新しい朱色の布を祠に巻きます。
おまけに祠は二つあります。二十メートルくらい離れた場所にそれぞれ祀ってあります。
昔はお供えをした後にその場所で宴会をしたそうです。

すぐ近くの山の中にあるのですが、所有地ではありません。
なぜこの場所にあるのか、なぜ二つもあるのかは分かりません。
今ではちゃんとした道も消えてしまい、毎年探し出すのにとても苦労しています。

そこで今回は草刈り機をもっていって下草刈りにいってきました。
これで来年の春に来た時も、迷わずに祠までたどり着けることでしょう。

とても意気込んで近くまで来たのですが、まったく道が分かりません。まず道がありません。
素で迷子になりました。


五分ほどで道に迷ってしまい、斜面を登ったり下りたりしましたが、残念ながら祠にはたどり着けませんでした。

ここまでくる時に見た「注意 熊出没」の看板が頭をよぎります。
ぜったいに山では遭いたくない存在です。
妖怪の方がまだ交渉できそうな気がします。
とりあえずさっさと帰ることにして、ひたすら斜面を登って行ったらスタート地点にたどり着きました。
お供えをしようと思って持って行った二つのパンのうちの一つは山にお供えをして、残り一つはその場で食べました。

結局のところ、今回は何も出来ずに迷子になってパンを食べて帰ってきただけでした。


0 件のコメント:

コメントを投稿