2016/04/01

水責めの画像を見ただけなのにめっちゃ苦しくなってきた





うしみつ:彡(^)(^)「水とタオルだけで拷問?ちゃんちゃらおかしいやで」http://usi32.com/archives/47233281.html 


この記事はウォーターボーディングという水責めの拷問に関するまとめ記事です。
なんだか画像を見ただけなのに喉が苦しくなってきました。


この拷問の具体的な説明はWikipediaにあります。

背中を板に固定して頭に袋をかぶせて、頭を下に向けた逆立ちの状態で顔の上、あるいは袋に穴をあけ口や鼻の穴に水を直接注ぎ込むことで急速に窒息を生じさせる。頭を水槽などに押さえつけると息を止めて抵抗されるが、逆さまの状態で水を口や鼻の穴に注ぎ込まれると気管の咽頭反射で肺から空気が放出され即に溺水状態に追い込めるため溺れ死ぬ感覚が簡単に誘導できる。Wikipedia ウォーターボーディング

咽頭反射とはのどにモノが触れると反射的に異物を外に出そうとして「オェ!」となることだそうです。歯磨きをしている時などに、奥に歯ブラシを突っ込み過ぎるとたまに「オェ!」っとなったりしますね。


この拷問は特別な道具も必要なく、簡単に人を溺死する錯覚に陥らせます。拷問された人は死の恐怖からすぐに自白してしまうそうです。その手軽さゆえにこの拷問は昔から行われており、各国の軍隊の特殊部隊においては捕虜となった時のことを想定して、この拷問の経験が訓練に取り込まれているそうです。

おまけにこの拷問は体に傷を残しません。
心に恐怖心だけを残すのです。




記事中にあった【人類の歴史=拷問の歴史】との言葉にドキッとします。
他にも色々な拷問についても書かれていますので、人間の黒い歴史を知りたい方はぜひ読んでみて下さい。


うしみつ:彡(^)(^)「水とタオルだけで拷問?ちゃんちゃらおかしいやで」http://usi32.com/archives/47233281.html 




0 件のコメント:

コメントを投稿